2014年12月19日

あと2年が、限界か、、、。

またまた久々のエントリー。
俺が思うに現状のファンダメンタルを考慮しても長くても2年の延命ぐらいでオリンピックまでに日本経済はしおれる感じを感じる。
オリンピックまで持ってくれると嬉しいけどさすがに難しい感じはしてる。
  

2013年07月16日

日本株は殆ど売却した。

日本株が上がりすぎてて魅力がなくなったので、まだ上がる可能性はおおいにあるけど今は私の元、本拠地、中国で投資を開始しました。
買ってすぐに闇銀行ショックで暴落するという波乱に遭遇しましたが、そんな中、ネットドラゴンだけが上昇中。こいつのおかけで今はプラスが出てて助かった。

どうやら日本からの検索数トップはネットドラゴンになったらしい。
第二のガンホーになるか注目だ,
  

2013年05月12日

今は日本に

投資するのが一番かな。
アベノミクスの効果もあり今年に入ってからも順調に経過してます。
この相場は円が120円位までは続きそうな、まだ安心できる水準かなって思ってる。
  

2013年04月29日

ガンホーまだまだか。

含み益なんかは既に一億以上になり
相当増えて来てます。
ガンホーやその他の日本がズンズン上がってるね。

そんな中ガンホーは大半売却して不動産投資を1億ちょっとしました。

つまり含み益を使って株から不動産へと変化させました。

不動産も現金で買えてまだ満室では無いですがリスクは無いので満足してます。

自分の事業、株、不動産と三つの柱で投資をして行きたいと思います。
  

2013年02月19日

【祝】1億円達成!!

あまりブログを更新してなかったので皆さん見て無い中、微妙なのですが、このブログを作った当初の目的であった利益(現在はまだ多くが含み益)

1億円を突破しました!!!

ただ中国株で1億ではなく大半を今回の日本株バブルで達成しております(^^;

記念として現在の一番取引している楽天証券の持ち株紹介しておきます。

tassei





殆どガンホーなんだけどね。(笑)

前にも紹介してたけど ガンホーは想像以上に実力があって
今の株式銘柄及び世界の銘柄の中でもこの1年で一番上昇する銘柄と思う。

こんな株を最初18万円で買えてホントにラッキーだったと思います。
先週まで平均取得単価23万で最大50株も持ててたので今、そのまんま持ってたとするとそれだけで1億以上の儲けになったのですが取らぬ狸の話よりも現実に儲かった
嬉しさを感じ、まだまだ引き続きトレードを続けたいと思います。

今まで大きく儲かった10倍銘柄を記載すると。。。
万科企業(16倍 中国) BIDU(10倍 アメリカADR) ガンホー(12倍)

なかなか10倍銘柄は出会えませんが過去10年で3回も出くわしてるので
これからの10年でも良い銘柄を世界中から探したいと思います。

これからの注目は ガンホーとウェブクルーです。

ではでは、またたまに書くので気に入った方は是非、見に来て下さい。ではでは。
  
Posted by ch_1 at 00:56Comments(0)

2013年01月21日

ガンホー大暴れ。

ガンホーは止まりません。
私も平均23万のホルダーですが、まだまだ上値が見えない感じでとんでもないプラチナチケットを買った感じです。
最初に買ったのは18万なので、もう、一株だけでも100万以上上がってる。。
たったの5ヶ月ですよ。想定以上のパワーだな。

このお陰で目標であった含み益一億円も、もうそこまでというとこまで来ました。
中国とアメリカと最終的には日本を通して一億の大台を突破できそうです。

ちなみに今の注目はウェブクルーでここも二倍程度までは割と硬いと思ってホールド中。
  

2012年12月31日

2012年総括

前半は円高水準も高く、まだまだ景気回復の見通しが見えない
夜明け前の景色でしたが夏くらいから相場は復活の兆しが見えて
104も相当の投資を今年は行い大きく含み益を拡大する事が出来ました。

2013年の相場も前半戦は良さそうです。
こういうときは何を買っても基本的に上がる傾向にあるので
PER。PBR。配当性向。成長性を気にして購入すれば
資産拡大のチャンスになると思います。

中国株のプラスが殆どだったのですが3年前から日本株もプラス収支となり
今年は大幅プラスで終える事が出来て何となく株の原理が理解してきたのかな
と感じてます。

2013年も良い相場になる事を思いつつ。
ガキ使みながら今年を終えたいと思います。
  

2012年12月19日

日本がアツイ。


気付けばもう、殆ど中国株をやってない(笑)

今は日本が一番アツイかなと思う。今年に入って含み益が3500万円ほど増えた。

一番はガンホーで最初に18万円でこの株を買えたのは大きい、買い増しして23万の平均になったけど、それでも良い感じだね。

来年は引き続きスマホ関連に買いが入り円安のお陰で更なる高値を目指すと考えてます。

今年で、今までの利益が7000万を突破した。

目標としてた1億も夢ではなくなってきたので来年、達成に向けて地道に仕込みたい。




  

2012年10月03日

これからプチバブルが始まる

ご無沙汰してます。
これからようやく株式市場にプチバブルが始まると感じたので久々に投稿しました。

104も今年に入ってからは投資モードで既に今まで儲かった資金の一部の3000万円程の投資資金を今回は日本に投下してます。

今まで水面下を走ってた株が上がるタイミングがきたと判断したので動いてます。

投資のキーワードは
スマートフォン
そして
世界です。

一番はスマートフォンと世界を兼ねたサービス提供企業が魅力的になります。

注目はアプリゲームです。

今後はスマートフォンゲームで一億人の人から100円課金する会社も出てくると思います。

その時の収益は100億円です。

今まで既存ゲーム会社では100億円稼ぐまで多くの人を使いました、主にパッケージと流通とバグ確認など…。

パズドラで有名なガンホーでは月間10億程度の売上があると予想してますが開発は10名そこそこでやってます。

これを世界で展開する事は今までのソフを流通させる程、難易度は高くありません。

ソフトウエアはその殆どがある損益分岐に到達すると利益になるのです。

株は次にくる未来の稼げる会社に投資されます。
スマートフォンという世界的に普及した端末はPC以来です。

こんな端末に簡単にソフトウエアを普及できる機会は世界的に初めてです。
世界的に初めて収益を上げた会社は思いっきり株価が上がります。

パソコン普及でITバブルがやってきました。
WIN95が出て4年位でバブル発生なのでiphoneが出て4年経つ今はバブルの再来を感じるのは偶然でしょうか…。

銘柄で言うと…。

ガンホーやエイチームなどは100億300億程度の時価総額なので簡単に吹き上がる可能性が高いと思ってます。

株は全体の波が上がる時にやるものであって今はまさにそれが来たと感じてます。
  

2011年12月29日

2011年総括


今年の前半は忙しく震災後の株価安で購入し短期相場で利食いしたけど、
その後、予想に反して急激な円高による、ランド安になり今年の利益を全て吹き飛ばしました…。

後半はヨーロッパ問題もあり殆どトレードせずに多くをキャッシュポジションとしました。

来年の見通しはかなり暗く全体的に上がる要素のない更に厳しい投資環境となると思います。

ただ新興国のネット銘柄は引き続きホールドしておきたいのでホールド中です。

あ!
ベトナムはヤバイ事になり長期塩漬けになりそうです。(´Д` )
  

2011年04月29日

これからは円安に

震災の影響も若干あるが、これからは日本の弱体化が始まる…

当然、円の価値は下がるし、今は国内の預金だけではダメで、世界を組み入れたポートフォリオを構築すべき時代と考える。

新興国の株価上昇時代なので、お金だけは先に国境を越えて稼がせなきゃ、先に先進国になり、そのお金でお金がお金を呼ぶスキームを作るべき。

これからは日本だけで無く世界を中心にビジネス、カブをやる時代やな!
  

2011年04月28日

REDFアゲアゲ

連日、20%!15%!上げてる!
既に投資資金は回収し現在6万ドル強程度、保有してる状態になる。
ここはインド三位だし、BIDUに近い程期待が持てる銘柄。

うーん。
やっぱり誰も見てない銘柄は怖いとこもあるけど、ほとんどのケースで俺の保有銘柄に関しては上げてると思う。

ただSIFYはリーマン前に買ったので、300を150にした。経験がある(笑)

そこでの経験がありREDFに、行き着いたと考えれば、それも、正解の様な気がする。

これから日本は円安になって行くので、海外ウェイトは高い方が安心な気がする。

円安が1円進めば資産が数十万変わる程持ってるとこに来た。

株をやってると全てのギャンブルに興味がなくなる。
  

2011年04月18日

引き続き中国

日本の震災も世界レベルでみると経済影響度はそこまで高いわけではない。

日本は復興特需等はあるものの、まだまだという感じ。
中国、インド、そして、ようやくベトナムが動くかと感じてるとこ。

ベトナムだけが含み損だけど、
二年位でプラスとなるだろう。
  

2011年01月21日

REDF 連日の安値か

最近、株が予想以上に上がっており調子に乗ってた俺ですが
こういう時って下がると少し頭が冷えるよね(笑)

REDF 今日は現在値で7.8ドルでまだ下がる勢いか。。。
全体的に強気ムード一辺倒から日本ではりそな増資が出たり
あまり直近のムードが良くない。

そうは言っても全体的なムードはやっぱ強気だと思う。
今年は特にそう感じるし中国のインフレが世界の株式や投資マネーに代わり
あらゆるものが高くなる傾向になると思う

そういったときに不動産と株は本命商品となる事だろう。

あーーーー。でも欲をかかず、いつもの様に倍になったら売却しとけばよかった。(T_T)

  
Posted by ch_1 at 01:54Comments(1)

2011年01月19日

REDFが爆裂!!

http://www.google.com/finance?q=NASDAQ:REDF

この一ヶ月で倍になりました!
たぶん、ブログでREDFの情報出してるのは俺くらいやな!

上げすぎなペースなので、今後の事は慎重にかつ迅速に判断しないといけないけど、、まだまだ上がる予定なので、我慢するか、悩む☆彡
  

4000万円の資産運用を公開してます。


今年に入って400万円以上の含み益を出した内訳として
前に話した REDF というインドのIT株が60%を占めますので
REDFの成長が含み益の捻出をしたと言っても過言ではありません。

現在、4000万円程度、市場で自力運用中ですが
俺のやり方としては。。。
硬めの銘柄は買わない。
新興系の銘柄が好きで買う
というスタンスでやっている。

当たれば大きいし
こういう買い方をしないと株は儲からないと思う。

たとえば誰でも知ってるソニーなんかを買ってると
そもそも1000億円程度の利益を出している立派な会社なので
1100億円になって100億という巨額利益を出しても
株価としては10%を上げる要因にしかならない

つまりは買わない。(俺のスタンスでは)

短期だとこういった安全な中で小さいブレイクポイントを買うんだろうな。

そうじゃなくて今は利益が1億円でも10億円100億円を将来狙える
そんな企業を探さないと株では大きく成長する要因が無い。

今まで当てた10倍上昇銘柄は。。。

万科企業
BIDU

の2銘柄だけ
共に中国だが

今後はベトナムやインドにも注目したい。

  
Posted by ch_1 at 00:00Comments(0)

2011年01月18日

株で大切な事

俺はバフェットの投資学を学び入れて且つ独学でマーケットの読み取り方を勉強して
今の株式の購入方法に至ったが一番大切な事は。。。

タイミング

これに尽きる。

もし去年の5月くらいから投資を準備してた者は今、殆どの人でプラスが
出てる事だろう。

投資はサーフィン似てるが
大きな波は一気にしか入ってこない
突然、入ってくる事が無い。低気圧や風により影響を受けて
大きな波のまとまりが入ってくる。

その大きな波の中で良いブレイクポイントを探し当て
その大きな波の中で一番、良い波に乗るのが最高の波乗りになるが
株も同じ様な事。

つまりは最高の波が入ってこない限り
乗らない方が良いって事。

短期トレーダーの人は小さいブレイクも見分けられる達人なので
その域に達する人は本当に少ない。

あくまでも俺は長期投資スタンスでやる。
実業にも影響するしね。

  
Posted by ch_1 at 00:00Comments(1)

2011年01月17日

ギャンブル

ここの所、一日で10万円以上、自分の資産が上下しなかった日が無い、すごい時は100万円200万円以上一日で資産が動く時がある。

以前は、競馬、競艇が遊びで好きだったけど、ここまで株をすると、なんだか、ギャンブルがアホらしくなり、今は全くやる気がしなくなった…
  

2011年01月16日

今後の株式展望

日本株や先進国である、アメリカやヨーロッパに世界の投資資金は流れます。

その後、中国株、ベトナムなどの東南アジアへ行き渡る様に思います。
これは2006年の流れに近いと感じます。

今、日本はその流れの1番から2番ギアに入った所で、軒並みPBRが上昇して来て1倍以下の銘柄が減って来てます。

まだまだ新興市場で配当が1%以上ある間は安全圏かなとは思ってます。

今年は大いに世界的に買いで、先回りして買うなら中国株かなと思うのですが、日本がまだ割安なので、手数料が安いからまずは日本でも無難かなと思います。
  

2011年01月15日

2011年1月のポートフォリオざっくり

前回のエントリーまでに含み益が3000万円とあったのですが
現在はなんと脅威の4600万円まで膨れ上がりました!!

4000万円台突破も大きいのですが
今年だけで450万円の含み益を出している所なので
大化銘柄の強さを感じる。

特にREDFに関しては予想以上の動きで倍になったら
半分売ろうかと思ってたけど3倍になったら3分の1にしようかなと
欲が出て来た所。。。

さて現在のPFをざっくり国別で見ると。。。
中国   3,700
日本  600
インド   400
ベトナム -100

合計 含み益4600万円


※ADRはインドと中国に所在国に分類した。

別にFXもあるがここはプラス10万円程度。
あくまでも含み益なので暴落したら無くなるし リスクは持ったまま。

もう10年近くやって来て株の正体が少しずつ解って来たと言うか
なんとなく、来るだろうなとか、直感的に解る感じがしてます。
もしかしたら勘違いかも。。。(゜o゜)

リーマンの時も感じた様に今年の相場は良いと去年から直感的に
感じ、投資をしてますがそれが当たれば、また増えるしダメなら減るしの
繰り返しで何とか目標の1億円まで到着したいところですね。

注目銘柄は。。。
日本:夢の街創造委員会(出遅れ感があるから)
中国:大福証券・BIDU・SINA
インド:REDF
ベトナム:インフラ系が鉄板でしょう。(含み損中ですが安心してホールド)

104が買う傾向としてマニアックな他の人が買わない 銘柄を買う傾向があるのでREDFなんかは逆に情報があれば教えて欲しいm(__)m
  

今年は大相場の予感

またまたご無沙汰です。

前回5月にエントリーしてブログを見て1000万円の含み損と書いてるので
忘れててそんなに損したのかとビックリ。(笑)

あれ以降、年末に掛けてBIDUや日本株が堅調です。
BIDUに至っては10倍行き、
104の中で万科企業(上昇率は17倍)以来の10倍銘柄が誕生しました!
昨年は収支大きくプラスに転じる事が出来ました。

そして実は10年近く日本株をやって来たのですが昨年
累積で含み益を出す事が出来ました。(^^;
それまで、日本は株を買っても下がるというロジックだったのですが
今では四季報の中からしっかり自分の中で割安株を見れる様になり
ようやく株というものを理解できたんじゃないかなと思います。
今は日本株単体で300万円の含み益です。(^_^)/

去年は年末から2011年は上昇相場が来ると睨み
12月にキャッシュを株券にしました。

その銘柄は
REDFです。
http://www.google.com/finance?q=REDF

9,720 株 4.35ドル で割と購入しました。

たぶん、ここに来る読者は知らないと思いますが
インド株です。
インドといっても現地株は現地人しか買えず
アメリカのADRで売買出来て楽天証券から買う事が出来ます。

ここはインドの4番手くらいの検索エンジンで
買おうと思った理由は。。。

インド株として前から目を付けてた。
検索エンジンなのでBIDUみたいな上昇カーブを描く可能性
スマートフォンサイトを持っていた。

こいつが凄い感じに伸びて年始から株価は上がりっぱなしです。
その他、銘柄も全体的に堅調、特に日本とアメリカ(ADR)が良いですね!

今年は予想通り堅調に上げて行くと各優良企業がドンドン買われる様な
様相でその中でも日本より海外に目を向けることが次の10倍銘柄になると考えてます。

次回、現在の各国別で含み益をエントリーしますね。
  

2010年05月19日

世間は大変ですねー。

ご無沙汰です。104です。

この1ヶ月くらいで含み益が1000万円程度飛んだ様な気がします。
含みなので良いという話ですがやはり一度手に入れた様な感覚なので
ショックはそれなりにあります。。。(苦笑)

今回の株式不況はあまり経験の無い形だなと肌で痛感してます。

中国も日本もアメリカも経済指標自体は回復しており
今までなら株式も回復という感じの相場で行けるはずなんですが
今回はギリシャというユーロ圏内でのトラブルがあった事が
想定外の株安になってると思います。

今は仕込みたかった日本株を安値になって来てるので
仕込んでます。

中国はかなり上がった銘柄もあるので
徐々に処分しております。

個人的にも物入りなのでしぶしぶ売却予定。。。
  

2010年01月18日

大福証券

なぜかめっさ上がってる。
この2日間で500万程度の含み益では。。。
嬉しいのは嬉しいけど理由が解らないので
安心はしてられない感じ。
昔ならただ上がっただけで両手で喜んでたが
今は理由が見えない事に不安を感じるのは
成長している証拠だと自分で自分を褒める。

ただ前回高値付近まで売る気は無かったので
ようやく一部の売却を考えられる株価になった事は良い事。

今週はかなり注目やね。
  

2009年11月19日

なんとなくBIDU売却

BIDUに関しては半分を売却した。
理由としてはアメリカの経済状況が悪化してる感じで
2番底があるかなと思える様相だから。
少し悪い予感がした。
ただBIDU自体はまだまだ伸びると感じているので
元本と少しの利益を確定させておけば後はタダなので
心配なくみれるのでそうするようにした。
大福もこれから売却する方向で一部は考えてるし
うーん。ますますやる事が無くなりそうやな。。。
  

2009年11月18日

大福証券

香港の一番の本命にしてたら買収がされたようだ。。。
良いのか悪いのか、とりあえず損はしないと思うけどTOBして
上場廃止が既定路線なんかなー。

一番楽しみにしてた銘柄なので嬉しいような残念な様な。。。


 [上海 14日 ロイター] 関係筋によると、中国2位の証券会社である海通証券(600837.SS: 株価, 企業情報, レポート)は、NWSホールディングス(0659.HK: 株
価, 企業情報, レポート)が保有する香港の大福証券(0665.HK: 株価, 企業情報, レポート)の株式62%を1株約5香港ドルで取得することで合意したもよう。

 本土系証券会社による香港証券会社の買収は初めて。

 NWSは11日、香港取引所に対し、大福証券の保有株式の全部または一部を売却する方向で交渉していることを明らかにしていた。ただ、売却先は明らかにしなかった。

 この発表を受け、大福証券株は12日に13%近く上昇。13日も6.6%高で引けていた。

 週明け16日の香港市場では、大福証券、海通証券、NWSの株式は売買停止となっている。

 関係筋によると、海通証券はNWSから大福証券株を1株当たり約5香港ドルで取得する見通し。取得後は残りの全株式の取得に向け株式公開買い付けを計画しているという。

 海通証券は、大福証券の株式を香港の子会社を通じて取得する。
  

2009年10月23日

日本はアメリカを追随してる。


過去最大の50兆円の赤字国債を発行する事が実現すれば
なんの為の政権交代だったのか。。。

なんて思ってる人も多いと思うが
本当は国債じゃなくて勝手に政府発行でお金を発行すれば
良かったのにと俺は思ってます。

それこそ200兆円くらい発行して赤字国債もかなり返済させて
大量に発行した為に通貨安を導き
円安に誘導させても今は良かったのでは
大手メーカーの今後は円安を考える事よりも地産地消が
キーワードになるのでそうなれば上記の案は使えなくなる。

このままじゃ国内消費は少なくなり
日本はアメリカを追って毎年巨額の赤字をドンドン垂れ流して
行くに違いない。。。
  

ベトナムとブラジルについてコメントの返信。

アンさん

コメントありがとうございます。
結構、しっかり投資をされているようで何よりです。
ちょっと長くなりそうなのと最近自分が考えてる事があったので
ブログにて紹介します。

いくつかの質問ですがキャッシュポジションは今はどちらでも良い様なそんな
気がします。
昨年の12月はキャッシュポジションがかなりの割合を占めてましたが今は半々くらいです。
ただ今は反騰の幅も大きいので無理に突っ込まなくても良いと思います。僕なんかはブログにも書きましたがもうやる事がありません。。。

そこでブラジルには興味を持ち自分なりに調べましたが
オリンピック決定した事が買い材料ですが懸念点として
ブラジル全体の時価総額が100兆円程度ある点が最大の懸念です。
つまり伸びしろが少ないという事。特に大手企業に関しては
既に世界の時価総額ランキング20位以内のペトロブラスが居るので妙味は少なそうですね。

マニアックな企業を発掘できたらと思いますが今月ニュース証券で日本発個別銘柄が買えるのでそうなると面白いかもしれませんね。
野村証券の担当に借りがあったので電力会社を本日買う予定ではいてます。
買ってみないと真剣に見れないということもあるので。。。

個人的にはベトナムに注目してます。
なぜなら時価総額2兆円程度(最近は3兆円程度か)とかなり少なくかなりの伸びしろがあると感じてます。
20世紀はアメリカと日本が経済を押して来ましたが
21世紀は中国とベトナムがその役割として大きくなりそうな
そんなイメージでいてます。
  

2009年09月24日

現在の含み益

ご無沙汰です。トシです。

100年に一度といわれる不況から早くに脱した
株式市況だが昨年末に仕込み終えた株式達が大きな含み益を持って
現在保有させて貰ってる。

現在の含み益で言うと・・・

過去最高の3000万円を超えました。
ただ、前にも書いたがとにかくやる事が無いんです。

最近FXをリベンジしてるのでそれを見る程度で他は
一日の終わりに見る程度とかなり放置してます。。。

今は短期トレードが出来る人なら良いが俺みたいに長期で考える人なら
昨年もしくは今年の早々に投資をしてホールドしないと
勝てないので今はじっと待つのみである。。。

でも初めての含み益3000万円には確かな手応えを感じる。
何とか目標の1億円まで残り3年程度に達成したいものだ。

皆さんの含み益はどの程度ですか?
と聞いても最近のこのブログの閲覧数では返答が。。。(苦笑)



  

2009年06月11日

やる事が無い。

というより買いたい銘柄が無くなった。

四季報とかを見ると買いたい銘柄が多くなるが

その中でも本命はどれなのかを探り

自分の中でオッズを立ててどれが伸びるのか

一番伸びるものに投資資金を集中させる方法を俺は取ってる。

中国なら 大福 BIDU 上海フレンドシップ がメインになり

ベトナムなら SSI 

を本命に位置づけている。

これから先、大きな暴落は無いにしろ大きな急騰は多くないと思う。

なのでこういう時は静観して年内は最終的に徐々に上がって行ってくれたら

と考えてる。

市場全体として去年の11月当たりに見せたボトムへはもう帰る事は無いので

その辺りに購入した株式は押し目する必要が無いので売るまで行動する事が無いなー。

 

  
Posted by ch_1 at 10:55Comments(1)

2009年06月06日

ベトナムは含み損

買ったと言ってるがベトナムに関しては

最大−250万円までなった。。。

失敗した原因はベトナムは世界と連動せずに孤立し

サブプラ関連で暴落した中国と当初違う動きをしてるように思えたので

投資資金をベトナムに非難させた事が更なる投資マイナスを出す状況となった。

ベトナムに関しては3月に追加投資を行い現在のマイナスは 100万円を切る事に成功した。

今回の敗因は世界的不況は世界のどの国の株も連動しやすい。

株にとって本当に一番大切なのはタイミングであるとここに来て

頭に入ってると思ってたが更にそれを思う結果になった。

 

  
Posted by ch_1 at 06:06Comments(0)

2009年06月01日

予想通りの展開。

87204b59.GIF

全てが想定の一番良い予想通りに動いてる。

http://ch1.livedoor.biz/archives/2008-11.html

去年の11月に書いたブログだが

あの時点で買いサインは最高に良いタイミング

ここで、去年最大の投資を行った。

 

GMが倒産する事で想定し書いた4月のブログ

http://ch1.livedoor.biz/archives/50919823.html

今日はGMが破錠しても中国では不安材料の払拭により

爆上げを記録している。

これからは大きな不安が無い中で新たな相場を作ると思うが

ファンドが多数生成されて新興国、特に中国には大量の外資がまた流れ始めると思う。

既に中国 ベトナムには投資完了しているので、大きな上昇が来るまで待ち

大きな下落相場になる前に売る。そして出来るだけ1億円の稼ぎを稼げる様になるまで近づける。ただ当分はやる事が無い。特に今年は本当にやる事が無さそうだ。

現在の収益↓ 全体では一時900万円の収益だったが現在はちょうど倍ほどの含み益まで来た。

090601pf

  
Posted by ch_1 at 23:02Comments(1)

2009年05月13日

上昇気流へ

中国は今回、2度の2000年 2007年 バブル崩壊を経験した。

そして2009年より3度目のバブルへ向けてこれから始動する。

ただ、少々上げた株も多いのでこれからの投資は慎重に

俺的にはもう中国は仕込みたい株は終了したので

ベトナムに追加で余力を投入する予定だ。

周囲を見て楽観視する声が聞こえればまたそれは警戒のサイン。

  

2009年05月11日

大福始動。

最大の投資銘柄の一つ

大福が予想通り倍くらいにまで上げてきた。

今回の買いは 1.5 1.2 0.9 の3回にわけて

押し目を入れたので株数も多い。

逆に上がった時はその反動で大きく利益を得る事が出来る。

まだまだピークよりは下なのでこれからが楽しみ。

中国の株式市場が回復すれば一番恩恵を受ける銘柄であることは

間違いない。

 

  

2009年04月20日

バブル崩壊を経験してどう思うか。

今回の金融不安は大きかったが中国は1度2000年にバブル崩壊を体験している。しかし俺は体験して無いしそんな時に中国株をやる金はなかった。就職したばっかだしね。。

日本株もバブル崩壊時の時は株を買ってないし

ITバブル崩壊の際にもその渦中では取引をしてない。

まともにバブル崩壊を食らったのは初めて。

1日で数百万円が無くなる恐怖。

上昇より数倍早い下降スピード。

全てが初めてでかなり貴重だった。

ただ、暴落直前に感じた、今までに無い胸騒ぎのお蔭で間一髪で

大怪我をせずある程度利益確定する事が出来た。

こう書くと不況は脱してないのに楽観的な意見と感じられるかもしれないが

株はもう一番下に向かう事は無いと思う。

今年は一定のラインであげさげをして秋以降徐々にではあるが緩やかな

ペースで上昇方向を辿ると思う。

 

  

2009年04月19日

400万くらい含みが増えた。

だいたいの株価が大底より2倍以上増えたのではないかな?

俺の場合は中心銘柄が頑張って全体で40−50%増えた感じ。

まあ400万円含みが増えたとしても元々含み損も出てたのでトータルは200ちょいのプラスに過ぎない。。。

俺は買ったから大いに言わせて貰うが今回の金融不安で

指をくわえてみてるだけに徹した視聴者に今後もビックチャンスは無い。

こういっためちゃ怖い局面で嫌でも購入ボタンを押す勇気が無ければ

株なんてカモられるだけや。

頑張って200万円増やすのは現実社会では通常大変な事。

株で200万円儲けるのは精神的に大変な事。

まあ。どちらも常態化すればそんなに大変な事ではない。

と偉そうな事を言ってもまだまだ金融不安が完治した訳ではない。

前にも書いたがGMなどの主要企業が倒産すると一旦は大きく崩れるだろう。

 

 

  
Posted by ch_1 at 23:00Comments(1)

2009年04月18日

底は打ったのか?

今、株が底を打って次のステージに行こうとしている感じを感じてる。

そんな中だが経営もしているのでオフィスの賃貸料金も気にしてる。

大きく関係は無さそうだが実はかなりあると思う。

今、都内の家賃相場は近年の最安値近辺に来ている。

そして、まだまだ下がると思う場面からそろそろ行かないといけないのかなと

気持ちが焦る。。。

去年に見た同じ物件で 坪単価が6000円も違うのはかなり大きいし

今行くべきかどうか。。。

相場的には完全に行くべきだが株と違って

自分の大きさにあった会社でないと無駄になるし小さすぎてもまた

移転の事を考えないといけないし。。。

 

 

  
Posted by ch_1 at 23:00Comments(0)

2009年04月17日

ファンドはアカン。

投資ファンドは凍死ファンドと読んだ方が良い。

俺自身、ファンドには何度か付き合いと自分で戸松さんのベトナムファンドを

購入したが素人で儲けた人だけに信用してたけど結果は現在マイナス55%。

素人でもなかなか出せないこの結果に確かに時代はそうだけど

ここまで酷い成果とは。。。当時はベトナムを簡単に売買できなかったので

興味本位で戸松さんに任せた

懲りずに3度目のベトナムファンド募集をしてるけどその前に俺らをどうにかしてくれ。。。

どんなに結果を残してる奴でも凍死ファンドで勝負する輩はダメな奴だ。

やはりリスクが無いのがダメなのか。

俺が買ったタイミング悪いのか

自分なら納得が行くが他人に任せてこの結果なら

やはり自分でやるべきだと痛感する。

  

2009年04月16日

中国プチITバブル

時代によって長者が違うように株も業種により高くなる業種がある。

その時代によって評価の高い会社は変わる。

現在は少なくなったがIT銘柄はすこぶる高値で取引された。

日本では 1999年くらいにIT銘柄を購入すれば会社の業績に関係なく大儲けが出来た。

日本ではもう難しいと思うが中国なんかでは日本のITバブルほどにならなくても

中国版のプチITバブルが起こってもおかしくないと思う。

その部分で俺はBIDUを買った。

中国最大の検索エンジン 日本で言うならYAHOOなのに

テンセントに時価総額では大きく下の方で取引されている。

IT業界は最終的にポータルを抑えている方が儲かると考えてるので

そう考えると日本のYAHOOの様にテンセントより株価が高くなっても良いんじゃないかな。

  

2009年04月15日

GMが破錠すれば。。。

この記事は4月8日に書いてるので

もしかしたら破錠してるかもしれないのでその時は過去から書いたとして

見て欲しい。

GMが破錠すればその周辺が究極の買いサインと捉える。

なぜかというと株は半年先を折り込む習性がありGM破錠というのは

既に想定されており現在の世界の主要マーケットで折込済みと考える。

この発想で考えるならばGM破錠後はこれ以上インパクトがある

破錠が無いと考えられ、ここからは下がりにくい = 買いタイミングとなる。

 

  

2009年04月14日

頑張っても無理なもの

よく頑張りますという言葉を使うが頑張っても結果が出ない事がたくさんある。

頑張りの方向が間違っていればいくら頑張っても無理。

頑張りは 方向性の良いものだけに結果的に成功という結果を与えてくれる。

ましてや株の世界では自分が頑張る事は限られる

頑張る会社があって株価は大きく上がるのでそれを見つける為に頑張らないといけない。

そして頑張る会社は本当に頑張っている会社=業績が将来的に上がる事を

確信できる会社であり現時点で安い株の会社を見ないといけない。

それを見つける為に頑張る方向性は株にとって良い頑張る方向性だと思う。

  

2009年04月13日

それなりの資産を保有したが

20代は色んな事をやった

サイドビジネスや事業もやったし今もやってるし

株もFXもファンドもギャンブルもとにかく金儲け系の事は色々とやった。

20代が終わり今の20代の人に伝えたいのは

株をやれ

という事

20代という時間は全ての人にとって10年しかない。

この10年を真剣に生きたかどうかで30代の結果に繋がると思う。

色々とやった中で誰もが手軽に出来るし経済を勉強する意味で

株だと思う。

別に株でめちゃ儲けろというよりは株を見て経済を見た方が面白いし

経済情勢を本気になってみれる。

経済情勢を見れる事でリスクの先読みが出来て将来ハローワーク等のお世話になる確率は大きく減るだろう。

劇場で完全に観客で見るのか

スタッフの一人として見るのかは当然見方も本気度も違うしね。

怖いからといって目をつぶって見ない様にするのか

怖くても真実を見る為に荒波に飛び込むのか

そういった一つ一つの決断の中に成功する種子はある。

それが30になったオッサンの20代を経験した中に出た答えの一つである。

  

2009年04月12日

よく言うことわざも間違えると。。。

昨年の10月に株を大量購入した際に友人に

失礼だが君が買ったという事はまだ買いではないと判断すると言われた。

その後、現在全体で30%近い伸びを見せており結果的に

そこが一つのボトムと見られる。

確かに周りが買いに行く時は買いではないといが

世間全体を見た時に誰も買いに回ってない中での俺の行動だったので

その辺りを見誤ると一番底は結果的に自分で判断するべきである。

 

  

2009年04月11日

株をすることでおもろいと感じること

株は経済そのものであり国の経済を数値化したものと言っても過言ではない。

よく海外株は解らんと言う周りの人が居るが

じゃあ日本の会社の事を理解してるのかというと

殆どの人が日本株で儲かってない事を見ると日本の企業も所詮は解らないのである。

なぜ俺が海外に目を付けるのかというと

日本では儲からないからである。

解らないけどどうせ日本の会社もわからないしどちらも解らないなら

どちらの国が儲かりそうかを考えて行動する。

そもそも株は儲ける為にやるものである事が前提。

 

  

2009年04月10日

株をするのにチャンスの時代

今の時代は外国株を購入するのに大変なチャンスが来た。

かの有名なバフェットはブラックマンデーに大量の株を購入し世界有数の金持ちになった。

そこまでになら無くても1億円だけでも良い

俺にも欲しいと思う 輩 は絶対にやるべきだ

50万円くらいの投資資金で パチンコや競馬に行って確実に負けに行くのなら

バフェットの背中を拝みながら少しでも株をやりながら資金を増やす事を考えた方が良い。

今は日本の円がまだ強い 円高だ

その有効な円を有望な国で運用するチャンスであり

株価低迷のチャンスである。

株をやる事のデメリットは資金を無くしてしまうかもしれないという事。

そのデメリットも下がった株に大きなデメリットは無い。

株にはデメリット(減少) とメリット(増加)

デメリット < メリット 

になる事は素直に購入サインであり大もうけのサインだ。

今の市況が安いのかどうかは今、誰にも解らない

解るのは3ヶ月・6ヶ月経った未来だけ。。。

 

  

2009年04月09日

8年やって株について

一番、最初に株をした時、50万円から始めたが3ヶ月で半分になった

当時22歳

ショックは全く無く少し刺激的な印象が強かった。

なんというか大人の仲間入りをしたというか。。。

当時は日経平均がダラダラと下げていて株価を構成する

PER EPS 等 さっぱり解らん状態で投資をしていた。

負けた事で本気で勉強したし今のトレードがあると感じてる。

そりゃ儲けている人からすると大して儲けてないと言えば儲けてないが

勝負の世界でプラスが出た勝てたという事は金額の大小に関わらずそれは大きい事だと思う。

結果的に株は勝てないといけない。

始めてからもう8年 利益が出たことも大きいが株という経済のに生きる生き物をずっと観察しどの株が一番イキが良いのか常に見てこれた。

株は利益をただ上げているだけではダメで将来性がある会社でないとダメ

業種もみなきゃダメで。。。

色んな成分で構成される株という生き物の価値の判断基準がおおよそ解った。

また自身で経営をしているので株の力を全てを理解する上で投資化の立場は絶対的に経験しなければいけないと思う。

 

  

2009年04月08日

次の投資先は

今、世界を見て投資したい所はというと

僕の中ではダントツで中国

その次はというとベトナムになる。

結構、やられている状況だが何ら心配はしてない。

なぜかというと大きな流れがベトナムに来ていると感じる。

というのは一番は日本の中堅証券がベトナムに次々と開設を行い始めている

ベトナムへの口座開設が広まれば確実に資金はベトナムに流れ

小さな波が大きな波に変わり報道され確実に大きな潮流へと変わる。

中国は今後、日本が向かった高度成長期へと向かう

その後は高齢化と日本と同じ問題を抱え株価は低迷するがそんな時ベトナムなどの新たな新興国へと資金は流れるだろう。

まあ、先で無い将来でもベトナムの成長はあり得ると感じてるので今年から

少しずつ注目をしておくべきだろう。

  

2009年04月07日

株で儲ける。

今、中国株だけの含み益で見ると2000万円近くになる。

しかし 日本 ベトナム の含み損があり

それらを合わせるとプラス1000万円ちょっとになる。

ピークは2800万円の含み益まで行ったので相当減った事になる。

減った理由として

アメリカの金融不安は予想できたが各国への影響度の深刻さをここまで

把握できず中国で儲かった事に味をしめてベトナム・インドを中心とする新興国投資をしたりFXをしてみたりしたがその全てで損失を出した事が大きい。

ただ、今回の経験をさせて貰えた事で大底の見つけ方が判った事や

不況期での投資の仕方を肌で感じられた。

株の利益は我慢代とも言うがその通りだと感じる。

後は自分の中のゴールデンルールを構築するべきだ。

ちなみに俺の大底の見つけ方は至って簡単

下げている時にも上げている時にも極力買わない。

今まで見てきた株がそうだったが下げもせず上がりもせずが

続く時が必ずある。こういった事が何度もあるが

かなり下げた段階で停滞をした時に恐らく、希望を予測した買いと

不安を予測した売りとがこう着状態を作る。

その時が究極の買い場と感じる。

そうは言ってもなかなか見つけるのは難しい。今まで下がっていたのだから

荒波に飛び込む覚悟で挑まないといけない。今回は運よく

BIDUはそれを感じたし 大福証券もそれを感じた。

ただ大福に関しては暴落時に購入した株式があったので

激安で買う事は出来なかったが勇気を持ってボトム後の停滞期に

購入する事が出来た。

また最も大事な事は上がる銘柄かどうかという事。

大きく 国を見て買えるか?考えて

次に業種

その次に銘柄

全てに置いて最強である銘柄を自分なりに分析して購入する

それが株で儲かるやり方なんだと思う。

後、自分に向かない投資には力を入れない。

俺の場合は FXは1日で100万円を無くした敗北があるので

あまり本気でやるべきではない=合ってない

という結論に至っている。

  

2009年04月06日

再浮上 一部ポートフォリオ公開

f02570fc.GIF

 

 

ご無沙汰やね。

2008年11月03日のブログにも書いたとおり

大福証券を2008年の最大金額で投資したがやはり予想通り

08年10月くらいが最低値近辺だったようで良い感じで購入する事が出来た。

他にも

上海友誼

万科企業

安徽高速道路

中国国際コンテナ

佛山照明

BIDU (ADR)

の銘柄を購入した。

バンカに関しては6月に購入したのでまだマイナスだが

それ以外に2008年に購入した銘柄は

プラスに傾いてる。

バンカに関しても既に700万円以上の利益が出ているので損しても

利益を越えるほどの損失は出ない。

ただ、2000万円以上出ていた利益も今回の金融不安とベトナム 日本株の

打撃により含み益は1000万円強となった。

一時は1000万円を割り込む場面も出てたが

その辺りが底値だった。

バフェットも動き出した事だしそろそろ上がっても良い雰囲気は出てる。

まずは含み2000万円回復を目指したい。

ポートフォリオ若干公開。

購入日の記載は一部テキトーです。

20080406PF

  
Posted by ch_1 at 23:00Comments(0)ポートフォリオ

2008年11月06日

でもね。妄想総括。

お金が信頼されないと考えてもとにかく今のルールではお金を持ってる事が強い事になる。それが資本主義経済だから

今はそのルールに従いお金を増やす事を考える。

もし通貨が崩壊したらそれこそ株式市場もたまったものではないが

そん時にはお金の価値は無くなってるはずだから

やっぱり良いと思える環境下にお金を投資しないといけないと思う。

要らない妄想だけどたまには空想を見て自分なりに世界の金融を考えたほうが

頭の体操に良いと思ったからダラダラ書いた。妄想とは言えすぐになるとは思えないけど俺が生きてる間にはありえんちゃうかいなと更に妄想。

あくまでも妄想だからね。こんな時代だから最悪の事を考えて行動しないとね。

とにかく震源地であるアメリカの資産は危険だからそれだけは言えるドル資産は持たないほうが良い。それは既に実行して良かったと思ってる。

そんな状況下だけど。。。

頑張れオバマ

頑張れ資本主義。(中国もね)

頑張れ中国株

そして増えろ俺の金!

  

2008年11月05日

もしも ドルの価値が下がったなら。

現在はドルを中心に世界が動きドルという信頼されているお金が乱発されてとにかくドルを刷りまくった。

その結果、色んな国々に富と文明をもたらしたがその結果としてアメリカは膨大な借金を背負った。結果的にお金を乱発させる機能を持った時点からアメリカは自国で物を作ることを放棄し金融工学を使いお金でお金を儲けようとし、借金を重ね、最終的に身の丈に合わない経営(レバレッジ経営)や個人での買い物(カード買い)をし続けた。そのお蔭で世界はお金の循環が良くなり好景気という錯覚を持ってしまった。

そんな借金だらけの国の通貨が一番安心なんてまずありえないとは頭では理解できる、じゃあ通貨のレベルが下がるのかというと

ドルが2番になる時は無いと思う。一番であるもしくは2番になればそれから一気に下に失速するしかないと思える。

信用が下がったドルの余波で外貨準備のある国々は被害を受ける

つまり 日本 中国 ヨーロッパ勢

そして本体のアメリカ。。。

つまり世界が全体的にダメージを受ける。

そして根本であるお金の信用力の低下になる。

そこから先の妄想はまさに丹波哲郎の死後の世界。

理解が出来ないし、もうちょっと先にならんと妄想すら出ない。

ドルの信頼が地に落ちるという事は

僕らが社会で習った事が少し変わるはずだ。

『世の中には社会主義 資本主義があり 社会主義は崩壊したが資本主義

は繁栄を遂げたと思ったがこれにも大きな欠陥があった。』

とね。

  
Posted by ch_1 at 23:00Comments(0)