2005年06月05日

本土株が不調なようですね。

TOSHIです。
 
本土株がまだ下落が止まらないようですね。
2000年に中国バブルが起こりPERもかなり割高になり今もまだPER的に見ても発展途上国としてバブル感が癒えないので仕方ないと言える
今回の暴落は本土の国が保有している株を一部放出した事から
その不信感から売りに売られた。
 
だがしかし
 
GDP8%以上の成長率を誇る中国の未来は明るいと言える。
 
日本も2003年に新興市場であるIT企業収益は一部回復したがまだ買い直される事が無かった。
だが今、2003年に比べると10倍は当たり前の高キャピタルゲインとなっている。
 
中国は新興市場ではなく新興国になる国だが確実に収益を上げてる国に必ずバブルが来ると考えられる。
 
もし更に下がる事があればそこが買い目と考える。
 
 
  

Posted by ch_1 at 23:47Comments(1)TrackBack(1)