2007年06月27日

いつかは。。。

今まで1番だった アメリカが他の国に敗れる事は今まで無かった。

実力で中国が勝つかもしれないがそれ以上にアメリカ経済が下がり始めて

中国が上がってクロスするのか

先は誰にも解らない。

アメリカが暴落すれば主要国・特に中国・日本の影響はかなり大きい

それでも中国経済はこれから強いとは思うのであまり深くは考えてないがいつかは中国も上昇潮流から少子化の問題や環境問題・元高問題等。いろんな問題をたくさん抱えてしまう事になるから遠い将来、いろんなリスクを考えて頂点はどこなのか、何が起こり始めたら崩落するor停滞するという事を考えて次の行動を考えてないとブームというバブルに乗せられて儲けたお金もすっ飛んでいく。

オリンピックまでは大きな問題は起こらないと感じるがその後はこういった事を考えて行動したいね。

インド株は売却

ほぼ自分の買値分を売却して90万円程度の利益分の株はただ株としてそのままホールドした。

中国がダメになっても近隣諸国には最後の大国インドがあるから世界の色んなチャンスをネット時代の投資方法として勝負しないといけないと思うなー。

 

  

Posted by ch_1 at 16:01Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月26日

インド株の件

不正取引ではないのかとコメントにあったのでちゃんと確認してから書き直そうと思って一旦、確認するまで本日の早朝に記載記事を削除しました。

その株の詳細ですが

インド株(ADR SLT)というよりはアメリカ株の問題らしく今回はアメリカの公募値13.7ドル

朝に決定して夜に上場しているので時差の関係で日本での売り出しが

一日遅く上場1日目14.7.7ドルの値段が付いた状態での値段が決まったのだ。

たまにこういったケースがアメリカでは稀にあるケースの様で証券会社の担当者も入社2年目の新人クラスなので今回のケースが担当者としても始めてだった様でした。

世の中には時差の関係でそんなおいしい取引があるんだなとコメントがきっかけでちゃんと担当者に確認出来て良かった。

その後はあんまり上がってないから近々、一部売却予定。

ただPERは8倍以下で利益。売上ともに倍々成長なのでこれからも目が離せない銘柄であるとは思っている。

今は中国ブームだけど中国が何らかのきっかけで経済成長が日本のバブル崩壊の様に流れ込むようにアジア周辺諸国に流れる。その最大の受け皿は人口規模も似ているインドになると予想してる。

早くインド株の直接トレードが出来る日が待ち遠しい。。。

 

  
Posted by ch_1 at 10:49Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月17日

中国のGDP

国内総生産 国力って奴を比較したデータ。(wikiより引用)

一人当たりにすると中国はまだまだやけど国としては2005年のデータやけど

相当に国力が付いてる訳でこの規模で年間で10%を超える国力アップを行っている。アメリカを超えると予測される筋は多いがまだまだこの規模で7倍の大きさにならないとアメリカには及ばない。でも超えるとすると

えらい事になるわな。。。

ちなみに60位はベトナム。いくつかのファンドを今年になって買ったけど現在の市場は結構高い感じで今は相当なプロでないと勝てない相場と思うけど暴落すればかなり有望な市場と思う。長い目で見ると伸びる国の一つとして間違いないとは思うけどね。

順位 国名 GDP (100万US$)
1 アメリカ合衆国 12,438,873
2 日本 4,799,061
3 ドイツ 2,906,658
4 イギリス 2,295,039
5 フランス 2,216,273
6 中華人民共和国 1,843,117
7 イタリア 1,836,407
8 スペイン 1,120,312
9 カナダ 1,098,446
10 ロシア 755,437
11 インド 749,443
12 ブラジル 732,078
13 大韓民国 720,772
14 メキシコ 714,530
15 オーストラリア 692,436
16 オランダ 629,391
17 ベルギー 387,840
18 スイス 384,642
19 スウェーデン 383,816
20 台湾中華民国 345,105
21 トルコ 340,263
22 オーストリア 318,343
23 ポーランド 312,257
24 ノルウェー 285,604
25 サウジアラビア 284,895
26 インドネシア 284,072
27 デンマーク 265,934
28 ギリシャ 230,684
29 南アフリカ 226,486
30 アイルランド 206,467
31 フィンランド 204,385
32 イラン 195,200
33 ポルトガル 185,091
34 タイ 174,545
35 香港PRC領) 172,932
36 アルゼンチン 172,123
37 マレーシア 127,942
38 チェコ 125,709
39 イスラエル 122,987
40 ベネズエラ 122,301
41 シンガポール 116,326
42 コロンビア 108,731
43 ニュージーランド 107,670
44 ハンガリー 107,144
45 アラブ首長国連邦 103,006
46 チリ 101,526
47 アルジェリア 97,459
48 フィリピン 92,586
49 エジプト 91,688
50 ナイジェリア 91,574
51 パキスタン 90,282
52 ウクライナ 82,693
53 ルーマニア 79,848
54 ペルー 72,888
55 バングラデシュ 61,944
56 クウェート 61,469
57 モロッコ 54,597
58 カザフスタン 51,876
59 スロバキア 50,323
60 ベトナム 47,111

  
Posted by ch_1 at 02:15Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月16日

中国株どうなる?初心者よ立ち上げれ!

中国株って今後どうなんの?って

よく中国株を知らない人から聞かれる。

一番解りやすいのは今年まではOK

来年以降は新しく入るべきではないと言って仲間を増やそうとしてねん。

今年はオリンピックの1年前、このタイミングで仕込めばこれからの経済成長も見込んで比較的リスクが少なく稼げると思える。

中国も今のGDPをオリンピック後も維持できるかは自国の技術レベルがどこまで上がるかが非常に重要なファクターやと思う。

オリンピックは必ず世界中から目にされるがその後に開催される上海万博ではやはりオリンピックよりインパクトは少ない。

オリンピックは世界中が注目するからそこまでは大丈夫と俺は見込んでる。

下落があっても2月の暴落よりちょいと強いくらいで基本的には強気でええやろ。

後、時価総額の高い物は上がるという時期は少し過ぎたと思う。

時価が高すぎて中国の銀行は世界に肩を並べるほど大きくなった。

相当な資金力1000万円以上の資産を銀行に1括投資出来れば儲かるだろうが

初心者クラスでは大もうけは出来ない。かと言って訳の解らん銘柄を買う位なら必ず当たるディープインパクトと武豊がセットの本命馬の工商銀行などを買うとつまらんけど硬く勝てると思う。

なんでこんな事を書くかというと僕が思うに

日本は金融知識が乏しいと言われるが金融に対して興味の無い人が世間一般に多いねん。

でも行列に並ぶような人は多いからそれに対しての危険性を今の内に訴えたい。

それだと株は負けてしまうと思うしそんな投資家は食いものにされてしまう。

僕は日本知らないが今までの歴史に無い世界的な発展途上国〜先進国への人類総所得持ちへ大移動が行われてる。

全ての歴史で発展途上から先進国へなる仮定で株価は大きく上がりその時に周りの声を聞かず己を信じ勉強して投資で儲けた人が居る。

ウォーレンバフェットは世界第2位の資産家でありウォール街のブラックマンデーで己の資財を突っ込み1代で現在のポジションを築いた。

株はギャンブル的な事は当然あるが金儲けをしようと思うと必ずリスクがある。

でも株には競馬やパチンコにないそんな大きな可能性があるし。

金を儲ける事は何かに付けてリスクなんだよと言いたい。

サラリーは金には変えられない重要な時間という番人に与えられたプライスレスな宝をさしだしてるんやで。

ある意味、金より大切じゃ無いかな・・。

せっかく世界第2位の経済大国に居る日本で産まれたや。

先進国としてアメリカ人が日本に投資を行って儲けた人が居た様に

日本人も中国の株を使って資産形成を考えてそして中国株仲間になろうで。

でも負けても僕は知らへんで。

眠れなかったので

たまにはポートフォリオ以外の日もええやろうとちょっと長めの文章です。

ではではおやすみなさい。。。Zzz

  
Posted by ch_1 at 02:33Comments(2)TrackBack(0)

0615 PF 2050万利益

ちょいとだけ利益が増えました。

2070万円。

所詮は含み益なのでまだまだなんとも言えん。

チャイナフェアーはええ時に売れたなー。

もう当分忘れたい株リストにしたいから今後、PFから外して含み益として計上しておきたいと思う。

H株
銘柄略称 現在値 現在時価(円) 単純損益(円)
チュウゴクコウショウギンコウ 4.25 3,357,500 560,900
中国工商銀行
CCTテレコム 1.56 739,440 298,146
中建電訊
タイフォックセキュリティー 3.56 5,062,320 3,570,642
大福証券
ペトロチャイナ 10.8 2,730,240 2,058,803
中国石油天然気
チャイナフェアーランド 0.84 318,528 356,448
正輝中国
リクルート 1.82 3,623,256 995,400
Recruit
ブライトインターナショナル 0.77 729,960 9,480
瑩輝集団
PCPD 2.5 1,185,000 175,380
盈大地産
チャイナシティックバンク 5.9 932,200 6,320
中信銀行
ドンファペトロ 1.86 1,057,968 250,272
棟華石油
  19,736,412 8,281,791
B株
通用略称 現在値 現在時価(円) 単純損益(円)
バンカキギョウ 15.33 5,722,306 5,184,790
万科企業
カントンコウソクドウロ 6.51 720,006 841,666
広東高速
イータイコール 5.572 1,238,656 1,374,926
伊泰コール
  7,680,968 7,401,382

  
Posted by ch_1 at 01:58Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月15日

2004年12月〜2007年6月15日ポートフォリオ

想い出のポートフォリオを見やすくしたので

拝見下さい。

利益100万円時代から2000万円の歴史になります。

http://ch1.livedoor.biz/archives/cat_10007321.html

 

  
Posted by ch_1 at 12:33Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月13日

正輝中国 一部売却

正輝中国 無料中国株になったで。

1.025HK 36000株の売却 

残り24000株となった。

売却額は約553,500円

社長の株が売却になっただけでほぼ倍近くまで跳ねた。

そんなに良い人に売却されたんかな?

俺には解らんからとりあえず今後の事は気にせず無償の株になったので

放置プレーで行きますわ。

 

  
Posted by ch_1 at 12:34Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月12日

CCTテレコム株について

今は低位株の時代。直近では優良低位株を仕込むべきと考える。

ただ全体的に高いけどな。

CCTテレコムは結構おもしろい銘柄と思える。

CCTテレコム 196億円

CCTテク 712億円

子会社のCCTテク株が親を超えているので資産的にはおかしな事になっているのでホリエモンが日本放送を狙ってフジを買った様に親会社が狙われる状態なので株価が上がりやすいと考える。

 

ちなみにCCTテレコムはCCTテク株の50%強を保有しておりなぜかその保有資産より時価が低い。

そんでもってPERは3倍強

先日3%程度売却してその売却益だけでも単純計算で11億円あった

ただ、低位株はやはり情報量が少ないから多くは仕込んでない、まああがりゃ嬉しいな株程度なので本気度は大福やリクルートほどの本命感は無い。

ただあがりゃ低位株特有の棒上げが期待できるな。

 

  
Posted by ch_1 at 23:35Comments(0)TrackBack(0)

0611 ポートフォリオ公開 利益が2000万円突破

リクルートの好調さもあり累積利益とが中国株(米株含む)で2000万円突破した。

銘柄略称 現在値 購入単価 現在時価(円) 単純損益(円)
チュウゴクコウショウギンコウ 4.04 3.54 3,149,180 389,750
中国工商銀行
CCTテレコム 1.69 0.931 790,413 354,984
中建電訊
タイフォックセキュリティー 3.8 1.049 5,331,780 3,859,928
大福証券
ペトロチャイナ 10.5 2.656 2,619,120 1,956,607
中国石油天然気
チャイナフェアーランド 0.83 0.574 776,382 239,462
正輝中国
リクルート 1.73 1.32 3,398,308 805,379
Recruit
ブライトインターナショナル 0.8 0.76 748,320 37,416
瑩輝集団
PCPD 2.47 2.13 1,155,219 159,018
盈大地産
チャイナシティックバンク 5.88 5.86 916,692 3,118
中信銀行
ドンファペトロ 1.9 1.42 1,066,356 269,395
棟華石油
  19,951,770 8,075,057
通用略称 現在値 購入単価 現在時価(円) 単純損益(円)
バンカキギョウ 15 1.44 5,509,974 4,979,602
万科企業
カントンコウソクドウロ 6.59 -1.1 719,167 839,210
広東高速
イータイコール 5.47 -0.61 1,199,462 1,333,856
伊泰コール
  7,428,603 7,152,668

  
Posted by ch_1 at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月10日

小型株を見リクルート(中国株)を思う。

いろんな中国株の小型株をこの週末見ていた整理した。

とにかくHやハンセン・GEMの指数よりも遥かに高い数値で

中国の小型株が奮闘してる。

これはある程度利益の上がっている株ならとにかく上がっている。

そして金曜日のリクルートの相場を見て確信したが

リクルートは確実に今の株価ではもう買えない

あるいは当分に買えない。

 

なぜならこれだけ小型株が10倍程度この1・2年で上がっているのに

小型でかつ配当金が高く求人という今後、市場優位性のある

銘柄が買われない訳が無い。

現在のPERは7.6

配当率は6.2%

 

年間も堅実に30%増収をしている優良企業

GEMからメインへと変貌を行える可能性のある株。

PERは20倍を超えてもおかしくない銘柄

また中国は今後、世界の工場から世界の消費国へと変化する上で

職業を良い所に変えたい需要が必ず彷彿し今もその需要は伸びている。

 

そんな中でリクルートは僕の保有銘柄の今年最大の収益銘柄になると

本日、酒を呑みながら金曜日の値動きを見てそう思った。

月曜日の値動きが楽しみやな。

  
Posted by ch_1 at 01:56Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月06日

0605ポートフォリオ公開 1850万円利益です。

トシです。

中国株PF公開するで利益は1850万円と大幅に膨れ上がりました。

広東高速とイータイコールは既に一部売却しているので

時価よりも損益が高くなってで。

大福証券が頑張っててリクルートがもう少し頑張って欲しいな。

CCTテレコムも今からが上がる上昇局面かと思ってる。

市 場 通用略称 現在時価(円) 単純損益(円)
コード
200002 バンカキギョウ 5,097,462 4,567,090
万科企業
200429 カントンコウソクドウロ 675,515 795,558
広東高速
900948 イータイコール 1,103,843 1,238,127
伊泰コール
合  計 \6,876,820 \6,600,775
       
市 場 銘柄略称 現在時価(円) 単純損益(円)
コード
1398 チュウゴクコウショウギンコウ 3,195,950 436,520
中国工商銀行
138 CCTテレコム 626,718 191,289
中建電訊
665 タイフォックセキュリティー 5,415,966 3,944,114
大福証券
857 ペトロチャイナ 2,673,997 2,011,484
中国石油天然気
169 チャイナフェアーランド 654,780 117,860
正輝中国
8073 リクルート 2,691,146 98,217
Recruit
1163 ブライトインターナショナル 682,842 -28,062
瑩輝集団
432 PCPD 1,155,219 159,018
盈大地産
998 チャイナシティックバンク 902,661 -10,913
中信銀行
8251 ドンファペトロ 1,060,744 263,783
棟華石油
TOTAL \19,060,023 \7,183,310

  
Posted by ch_1 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月05日

今日の中国本土株を見て。。。

やっぱり中国株本土は買えん。

ただ中国素人投資家が一日、依然として20万人を超える水準で口座開設しているのでその人数が衰えない限りまだまだ、加熱するパワーはまだまだあるという事だ。

まあ俺はやらんけどやりたい投資家なら死ぬ事を覚悟してこのマネーゲームに参加するんかな。

それにしてもカンタンに上がってくれる市場やな。

俺は買えんけど更なる上昇が起きる状態にはあるんかなと思うわ。

せめて新規口座が10万未満にならないとこの状態は引き続き続くかもな。

まあ俺はどっちに転んでもまだ売らんからええんやけどね。

 

  
Posted by ch_1 at 19:30Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月04日

本土は買えん

トシです。

本土は買われへんで。マジでPERが高すぎる。まさにバブってるな。

最新の四季報を買って見たけど全然アカンよな。

唯一帰るとしたらイーターイコール位かなと思うけどそれでも本土はPERとか

もう関係の無い冷静じゃ無い素人中国人のバブル相場やから

あんまり四季報とかまともに見て買っても今はアカン市場やと思う。

上がるならどれでも上がりそうな気がするしな。

でもイータイコールはまだポテンシャルが冷静に見てあると思う。

石炭やエネルギーに関してはH株も高いからそれに比べて安いからな。

俺が持ってるから奨めてる訳やないで。広東高速とかは冷静にもう高いと思うしバンカももう高いな。ちょっと下がっても全くおかしくないしちょっと売りたいと思うけどあれだけ含み益を出した株やからなかなか売れへんな。

4年前にもっと金があればバンカなんかは300万は突っ込んでたけどな。

まあ後の祭りやから今は冷静に本土はほっておいてH株の低位株へ

投資を送るべきやな。

四季報を見て段々と買える銘柄が少ない。

寂しいけど今は来年あたりで中国株は仕込時期が終わる気もするなー。

  
Posted by ch_1 at 02:51Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月01日

今は下げても本土は上がる。

中国株で1億円のトシです。

予想通り本土株はいったんの調整やな。

最近、中国株のフォーカスは非常に当ってますね。

あんまり当ると逆に中国は終わったかなと思ってしまうなー。

でもまだもう少しは大丈夫やで。

少なくてもオリンピックまでは指数は上げて行く形を取るやろう。

本土は一旦下げてもその分、香港株のメインの中国優良株が上げてくると予想。そうは言っても徐々に本土も上げてくる。

またQDIIの本格的な開放が起きたら本土より香港の方が上げる可能性が高いし政府は株価を上げる為にこのカードは絶対に残しておくからこのカードが出るまでは中国株(香港)は上げる基調が残るし開放されればもの凄いチャートを

香港では叩くと思う。

その後はわからんけど今はそのへんまで自分なりに考えておければ

大丈夫やろ。

後は、高値で買わず2倍以上になったら半分売却。

これでOKやろ。

  
Posted by ch_1 at 16:26Comments(0)TrackBack(0)

これからは香港

トシです。

これからは香港に資金が流れてくる様相やないかな?

本土は一旦、横ばいになって本土に資金が流入するかな。

みんなとアホみたいに同じ事見てたらアカン。

香港と本土だけを見て資金を2方向に移動してたらアカンやろな。

もっとグローバルな視点って奴を見つけなアカンのと思う。

これからは特にな。

利益も現在1900万弱

今年に入ってえらい上がったもんや。

っちゅうけど最近はえらい冷静や。

個人的には車に降りかかってくる黄砂が多くて最近、中国の経済発展も結構、日本にとってはリスクな事やなと思う。

けど経済発展が無いと日本は不景気になるし株よりも難しい問題やな。

 

最近は中国株ブームでアクセスもアップしとるけど

今から中国株をやり始めようという人は

色々と勉強と思って自分の投資したい金額の3分の1から半分くらいを投資して

今より3分の一くらい下がったら押し目で買った方がええ。

だいたい金の無い時は下がった時に金が無くて良い波に乗れんから

波が来るまで待つんやで。

  
Posted by ch_1 at 03:14Comments(0)TrackBack(0)