2008年02月28日

まだまだかな

アメリカの経済はまだ底が見えてない。

まだサブプラ問題は完全には膿を出してないと考える。今年の少なくても夏くらいまでは尾を引くのではないでしょうか

アメリカの景気がリセッションすればアメリカのドル資産は値減りになる。

中国も日本は外貨(ドル)準備高保有国のナンバー1・2であり

今後の景気にはアメリカの動きは連動する。

ちまたではヨーロッパも死んでいると噂され。全世界的な株高は去年の年末を境に一旦休息し今年はまだまだ調整色の高い株価が形成されるんでしゃないでしょうか

中国よりもアメリカの影響を受けにくい

更に新興国であるベトナム・ドバイ

これから面白い国になると思います。

ただお金をだぶつかせても仕方ないので最近は日本で売買を少し行ってます。

  

Posted by ch_1 at 22:30Comments(0)

2008年02月24日

世界経済について

久々の書き込みです。

世界経済についてアメリカのサブプライム発のリセッションを予測し世界大暴落が起きて相当、株価は下がったと思う。

俺自身も相当の株を売却し結果、利益確定となった。結構、俺の様にこのタイミングで売った人は多いと思う。

で売った原資で何をしようかと思うけど

やはり株を買おうと思う。

なぜなら、まだまだ株に投資する価値があるんだから

今はまだ早いと思うがこの3ヶ月くらいで新興国への投資資金であるお金の流入は中国へまだまだ流れそうだ。

アメリカの輸入額が減る中、中国の輸入額が増えている事から思ってた以上に中国の経済はまだまだ成長するし、中国の経済はまだバブルの頂点ではないと言う事がはっきりした。

次の決算が控える3-4月の決算を見てはこれから中国株が買いなのかどうかを見極めて参入を考え後は中国以外の新興国への投資を考えたい。

 

  
Posted by ch_1 at 14:24Comments(0)