2008年11月04日

もしもの話

投資をしていると金融について世界規模でよく妄想してしまう。

大きな妄想の一つに現在のお金に対する信頼感の失望。

つまりお金が紙切れに変わる状態。

アイスランド がもしかしたらまずはその先駆者になってくれるんではと

考えますが自国通貨で何も買えない状態。

そんな事がアイスランドを皮切りに世界中に起こればどうか。

金の価値は無くなり、人々は生きる大切なものは金ではないと気付き

食料 水 住宅 そういったものを重宝し それらが金で買えないので

物々交換が始まる。

とそんなアホなと思うけど

アイスランドではそんな話を人々が話してるに違いない。(妄想)